2009年11月21日

難しい判断

膠原病という難病を抱えられているESさん(60代女性)。
ある日突然仙骨から右臀部・右下肢にかけての痛みのため日常生活も大変な状況になりました。それまで腰痛の経験もなし。
現在、整形外科に通院中ですが全く痛みが取れず、知り合いからカイロプラクティックを勧められて来院されました。

問診にはいつも以上時間をかけました。
膠原病の中には様々な疾病があり、国の特定難病疾患に定められてものが多々あります。
症状も様々です。関節、筋肉、神経等に障害がでる病気もあります。

「整形外科の先生はなんておしゃったのですか?」
「腰の骨がずれていて、痛みは坐骨神経痛と言われました。」

??腰の骨がずれている??
「すべり症とは言われていませんか?」
「詳しいことは聞きませんでした。難しい事は分かりません。」

患者さんには色々なタイプの方がいらっしゃいます。
病院で診察を受け病名や原因、注意事項など細かく把握する方。
お医者様にすべてを委ね、病名等もはっきり把握していない方。様々です。
ESさんは後者のタイプと思われます。少しも悪くありません。
お医者様を信じてお任せして改善すれば良いのですから・・・

整形外科での昨日までの治療
   
 レントゲン写真投影済み
1.腰椎に注射3回(神経ブロック注射)
2.腕に筋肉を柔らかくする注射度々(筋弛緩剤?)
3.痛み止め薬、筋肉を柔らかくする薬(筋弛緩剤?)シップ薬
                    以上



3回とも神経ブロック注射が全く効かないのは何故なのでしょうか。
これほど長期間の痛みがあるのにMRI検査は必要ないのか・・
色々と考えてしまいます。

「先生には膠原病の事は話されましたか。」
話はされているようです。安心しました。 
他の病院で受診する時は、自分の病気を告知することは必要です。
医者もそれによってその症状を多角的に見る事が出来ると思うからです。
薬の処方においても同じ事が言えます。
また、膠原病のためステロイドを長期間服用されているので骨粗しょう症も心配です。
今まで骨密度検査をした事がないのも気になります。

長い問診が終わり施術に入りました。
検査の結果は整形外科の診断どおり、腰椎、椎間板等に支障があるCATV.
膠原病のためCATTにも反応があるかと思っていましたが反応はなし。
長足短足チェックでは大きな差、骨盤の歪みも。
激しい痛みのみでしびれは全くない状態でしたが、坐骨神経痛のテストではやはり反応あり。
迷いなく坐骨神経痛の症状を改善する施術、ブロックテクニックを施しました。
ブロックテクニックの間は痛みがなく、この施術方法に確信が持てました。
施術後はあの大きかった長短差も改善しました。

しかし痛みは変わらず。
ブロック注射をしても全く痛みが取れなかった、正直手ごわい痛みです。
1回の施術では魔法をかけたようにはいきません。

「痛み止めでもお医者様でも取れなかった症状です。1回の施術では効果は難しいものがありますね。でも諦めずに何回か試してください。おきらめずに通って改善した方が沢山いますから。私も精一杯施術します。」

私の頭の中で色々な事がかけめぐりました。
膠原病はこの症状に本当に関係ないのだろうか・・・
次回の来院は4日後。
その時の結果を見て大事なアドバイスをしようと決めました。
 
膠原病では某大学病院に通われているそうです。
やはりこの重症な症状を主治医に報告し、膠原病の影響ではないか
相談してほしいと・・・
関係ないと分かりその上で今以上の施術を精一杯したいのです。

ESさんにとってもそれは大事な事だと思います。

次回会った時「痛み和らぎました。」
そんな報告を聞けるのが一番良い事なのですが・・・












 

posted by luck at 17:36 | 日記

2009年11月16日

天然ボケ

「先生は何年、生まれなんですか?」
「昭和〇年で来月の12月で5?歳ですよ。」
「私と同じ生まれですね。でも12月生まれだったら今度5?歳じゃないんですか。」
「えっ!そう!私ずーっと5?歳と思いこんでた。一歳得した。」
Mさんと私は同じ年の生まれ。干支も同じ。7ヶ月お姉さん。

今の歳より一歳上に思い込んでいました。
若く間違えるなら分かるけど・・・
決して誤魔化すつもりもとぼけるつもりもありません。
50歳を過ぎた頃から自分の歳が分からなりました。
これ本当の話。
最近頭の中で確認しなくては時々正確な歳を間違えてしまいます。

若い頃から天然ボケな私です。
友人の間では有名です。
挙げたらきりがないので書きません。
大笑いのボケもありますが、危ないボケも・・・

「お母さんが本当にボケても分からないかもね。発見が遅れるよ。」(娘達の弁)
そう言う娘達も私の血を多いにひいていて、やはり天然ボケぎみ。
気をつけようね。

昨日は『四街道ガス灯ロードレース大会』で走ってきました。
参加申し込みをしていた事をすっかり忘れていて。直前にハガキが届き「えーっexclamation
これって天然ぼけ?本当のぼけ?
毎度の事ながらいつも以上に準備不足。
嫌いな坂が多く大風。少し気管支も痛めてせいか今回はヘロヘロ状態でのゴールでした。(タイムは思ったより良かったです。)

でも終わってみれば満足〜わーい(嬉しい顔)
最後に参加者の抽選会がありました。
5等まであり、1等は2万円の商品券、地元の野菜、他色々。
1等をねらっていたのですが5等にもかすりもしませんでした。
今回は当たる予感がしたのになぁ。

四街道マラソン 002.jpg
(残念だった抽選会の様子)








posted by luck at 17:43 | 日記

2009年11月10日

ソケイ靭帯・内転筋の痛み

EKさん(62歳女性)の主訴は右足のつけ根、内転筋、足の指の痛みです。

初診時の検査はすべて陽性。
勤めていた仕事も退職し、趣味のフラダンスも痛みのため2ヶ月以上もお休みしている状態でした。
痛めた原因も思いあたらず、「改善には結構な時間を要するかも・・」と正直感じられました。

しかし思ったより早い改善で進んでいます。
即効的な好転ではありませんが確実に改善しています。

3回目検査はカテゴリーVが陰性に。U、Tのみ陽性。

4回目来院時には指の痛みが改善。

本日5回目検査はカテゴリーTのみに移行。
   痛み70%軽減(本人の弁)

先日久しぶりにフラダンスの教室に行き楽しんできたそうです。
終わった後、少し痛みがありましたが長くは続かず一安心。
フラダンスは見た目よりとてもハードです。
踊れる事が確認できたEKさん。
フラダンスを踊れる状態になった事を本当に嬉しく思います。

次回の予約は電話待ち。
と言うのは明日から8日間の海外旅行に。
行き先はイタリア。(羨ましいわーい(嬉しい顔)

なんとか旅行に間に合って良かった、良かった。

イタリアは石畳が多いので長時間の歩行は足腰に結構負担がかかります。まだ完全な状態ではないので無理はしないで下さいね。

どうぞ楽しい旅行をexclamation



posted by luck at 17:22 | 日記

2009年11月04日

冬支度

アロマ 002.jpg
(アロマランプとアロマオイル)


昨日は東京でも木枯らし一番、結構冷え込みましたね。

自宅では衣替えも終え、籐の敷物を暖かなじゅうたんにして布団も夏物から厚手の物に。
家は南向きマンションなので真冬でも晴れの日は暖房が必要ないほど暖かです。

治療院は一戸建て。「一戸建ては寒いよ〜。」と聞いてましたが、やはり室温が違いますね。
こんなにも違うものなんですね。
エアコンだけでは真冬の寒さには対応できません。(エアコンが古いんです。もうやだ〜(悲しい顔)
11月〜3月くらいまでガスストーブも使っています。
ガスはストーブだけなので先日ガス栓を開放してもらいました。春にまた栓を閉じてもらいます。
そろそろ加湿器も出番かな。

今日はこの秋初めて一日中エアコン暖房を使いました。
もう「コタツを使った」って言う患者さんもいましたよ。
ガスストーブと併用する位の気温はいつ到来でしょうか。

ズボラな私が何故か気温や湿度関してはとても神経質です。
天気予報もお天気よりも気温、湿度ばかり気にします。
院内にも湿温計が2個も。チェックばかりしています。
やはり、患者さんの身体を考えると室温や湿度も大事な事だと思っています。
少しでも快適な空間を過ごしてほしい・・・そんな思いでしょうか。

快適な空間と言えば「アロマオイル」もその一つです。
開店当時からずーっと使い続けている「レシェル・ランプベルジェ」。

ユーカリ:精神疲労・集中力低下・インフルエンザや風邪の感染予防・気管支の炎症

ミント:心身の疲れ・注意力散漫・眠気

ヌートレ:部屋の消臭・殺菌効果

この三つをミックスして使っています。
ほのかな香りがいいですよ。






posted by luck at 17:18 | 日記

2009年10月26日

パーキンソン病・整体とカイロプラクティック

本日はパーキンソン病を患っているKKさん(76歳女性)の予約日です。
いつも30分程時間をかけてゆっくりと歩いて来院されます。
肌寒く冷たい雨が降る中、今日も同じように歩いての来院。
「足元大丈夫かな・・」と心配してましたが元気な顔を見て一安心。

KKさんがパーキンソン病を発症してから3,4年経過しています。
薬が合っているのでしょう、今のところ症状も安定しており家事等普通にこなしています。
とは言っても、手指の振るえ、脚の運びが悪い、舌がこわばり喋りづらく言葉が不明瞭になる、味覚異常、側弯、腰痛、首、肩痛、頭痛、食欲不振等様々な症状があります。
また、きれい好きで完璧主義なKKさん。色々頑張り過ぎて時々症状が悪化してしまう時も。

「少しでも症状を軽くしたい。」そんな思いをかかえて来院されてます。
パーキンソン病の症状の一つである筋肉の強張りも、施術時に感じます。それに伴っての関節の硬さもあります。

それらの症状を和らげるリハビリの目的でも当院の整体法は合っていると思います。
揉んだり、叩いたりのマッサージとは異なりそれぞれの関節、筋肉に働きかける施術は症状を悪化させないためにもプラスになっています。

SOT療法(カイロプラクティック)により骨盤の歪みも1クールでようやく改善されてきました。
現在は週1回のローテーションで通われています。

辛い症状を抱えながらもとても上品でオシャレなKKさん。いつもオーディコロンの香りもほんのり。
「若い頃はきっともてただろうな。」そういう雰囲気の方です。

お話しも楽しく、料理レシピなど教えていただく事もたくさん。オシャレでいつまでもそんなKKさんでいて欲しい、私も精一杯お手伝いをしていきたいと心から思います。
















posted by luck at 17:20 | 日記

2009年10月19日

チャレンジ!!

Tシャツ 002.jpg
亀さんがなかなか可愛い参加賞のTシャツ


スポーツの秋ですね。

昨日、気持ちの良い秋空の下「荒川タートルマラソン大会」にて10km走ってきました。
記録挑戦の大会ではなく、タートルマラソンと言うように完走する事に意義があり、亀さんのようにマイペースで走れるのがとても良かったです。

今回は連れ合いと次女も一緒に参加。次女はロードレース初チャレンジ。
「辛いのに何故走るのか分からないよ。」なんて言っていた彼女です。どういう心境の変化かわかりませんが、二人並んで一緒に走れるのは嬉しい事です。

娘のペースに合わせゆっくりと走り無事完走!!
練習らしい事もしなっかた娘、「きつかった〜。」と一言。初チャレンジで10kmを一度も歩かず完走できたのは偉い!
私はゆっくりペースだったのでゴールをしてもまだまだ元気いっぱい。あと10kmは走れそうな気分でゴール。
「お母さん若いよ〜。体力あるね。」なんて娘に言われて・・・わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)(嬉しさ最上級exclamation

またフルマラソンに挑戦しようかなあ。

お昼は荒川の土手でお弁当とビールで乾杯。最高!

かわいい娘へ「きつかったけど、楽しかったでしょ。これにこりずにまた一緒に走ろうね。」










posted by luck at 18:57 | 日記

2009年10月14日

気の引き締まった一日

今日はとても忙しい一日でした。

半数は新患さんで、病院に行っても思うように改善しないという辛い症状をかかえた患者さんが多数。

「坐骨神経痛」「自律神経系疾患」「股関節痛」「腱鞘炎」
様々な痛みを持った患者さん。

それぞれの方の痛みと真剣に向き合い最善をつくしたが、正直いって今振り返ると今日は反省も・・・

電話も多い一日でてんてこまい。
「私ってなんて落ち着きのない女なんだろう。」
天然ボケは仕方ないとしても、どんな状況になってもどっしりと構えられなくては・・・
患者さんにとってもそれは大切な事。
反省、反省。

明日は定休日。
気持ちをリフレッシュさせ休み明けをむかえよう揺れるハート

posted by luck at 19:12 | 日記

2009年10月09日

素敵な出会い

台風一過の今日、新患さんのTHさんが来院されました。
待っていただくのを承知でTHさんのお友達もご一緒の来院です。

そのTHさんとの出会いはとても不思議・・・

今年の6月にあるイベントに参加するため単身で一泊、南房総館山に行った時の出来事です。

館山駅前高速バス乗り場で、突然THさんに声をかけられました。
「白井に住んでいるんですか?」
「ええ、白井市の西白井なんですけど、でもどうして?」
実はTHさんも白井市の住民でした。
それも同じ西白井。すぐ近くです。
実家の館山のお父さんが闘病中で毎週、看病のため高速バスを利用している状態でした。

私と周りの方との会話の中で白井の地名が出てきて思わず私に声をかけたとの事でした。
今日の話では私が声をかけ易い雰囲気があったそうな。わーい(嬉しい顔)

初めてあったとは思えないほど話しもはずみ、帰りの道中はずーっと一緒に。
市から畑を借りて家庭菜園をやっているTHさん。
その様な話、館山の話等々。聞きたい事がたくさんある、そんな方雰囲気を感じさせてくれる人でした。
西白井に到着後、お互いの携帯番号を交換してのお別れでした。

2ヶ月程経ったある日連絡をもらいTHさんの畑にお邪魔させていただきました。
野菜作りに興味ある私。2年間ほど挑戦した時期もありましたが
時間がなく途中で挫折。
彼女の人柄もあり、とても心地よい場所でした。

「勝手に来て好きな時に収穫していっていいからね。」
そんな言葉をもらって先日は遠慮なく収穫させていただいちゃいました。
本当ありがとう!

あの大勢の中での見知らぬ人との出会い。
近所に住んでいる。私の思い焦がれる館山に実家がある。興味のある野菜作り。同じ年代。そしてとても良い人柄のTHさん。
不思議な不思議な出会い。

そして今日に至る・・・

施術?そうでした。その話も大事でしたね。
お二人は多少の不具合はありますがいたって健康体。骨盤の矯正のため何回か通っていただく事になりました。



ひとの世の幸不幸は
人と人が逢うことから
はじまる
  よき出逢いを
     みつを


私の好きな言葉です。




posted by luck at 19:10 | 日記

2009年10月02日

右肩、右腕の違和感、指先の痺れ

9回の施術を終え、次回より自分のペースで来院できるようになったKOさん(40代男性)。
今後は不具合を改善させるための来院ではなくメンテナンスのための来院です。

2回の施術で指先のしびれ、冷感などはだいぶ改善されましたが、肩、腕のだるさに関しては週末になると辛くなってしまう状態からなかなか脱出できませんでした。
主訴に関しては頚椎(C3、C4)の変位からきているものと思われ
、改善には時間がかかるかと覚悟を決めていました。

諦めずにローテーションを守って来院をして下さったKOさん。
1クール終了するあたりから腕、肩も良い状態に変化してきました。
それに合わせたように検査結果もマイナスになり、ここ2,3回はカルテに「調子良し。」の字が並んでいます。
私が考えていたより早い変化です。嬉しいですね。

今後も油断せずメンテナンスに通ってください。




posted by luck at 14:55 | 日記

2009年09月25日

連休を終えて

飛騨高山 005.jpg
*木曽路・妻籠宿
江戸時代の面影を残している宿場


R 014.jpg
*飛騨高山
上三之町周辺の古い街並み


R 023.jpg
*上高地・大正池

飛騨高山 027.jpg
*上高地

R 028.jpg
*上高地・梓川流域・バックには穂高連峰


今日も気持ちよい秋晴れ。
連休中も天気に恵まれました。

20,21日と木曽路、岐阜高山、上高地に行ってきました。
もっと、写真を撮るつもりでしたが、自分の目で見ることに忙しく景色は数枚しか取りませんでした。
数少ない中から選んだベストショット?です。
やはり絵葉書にも負けない景色の上高地は最高でした。
上高地は大好きで3回ほど行っています。
中でも明神池が好きなのですが、今回は時間がなく河童橋でまで2時間程原生林を歩き、山々に囲まれた景色を楽しんできました。
森林浴、梓川のマイナスイオンを沢山感じてリフレッシュできた休日でした。

現実に戻りまた、仕事に打ち込みま〜す。
来年こそは中断中の四国歩き遍路に・・・と、この旅を終えて
思いを強くしました。

posted by luck at 15:07 | 日記

2009年09月19日

連休のお知らせ

誰が名づけたのでしょう。
この9月の連休をいつのまにか「シルバーウィーク」って言ってますね。
「ゴールデン」に対抗して「シルバー」って事?
金でも銀でもやっぱり連休は嬉しいです。

9/20(日)〜9/22(火)はお休みします。
9/23(水)は秋分の日で祝日ですが営業いたします。
よろしくお願いします。


木曜日も定休日なので、23日も休むと5連休になってしまいローテーションを考える患者さんため休むのは無理でした。
周りには連休も関係なく働いている方も沢山いらっしゃいます。
それを考えれば3連休も贅沢なのかもしれません。

20,21日と岐阜の高山に総勢10名で行ってきま〜す。
宿泊場所はいい気分(温泉)下呂温泉。
リフレッシュしてきます。
良い景色が撮れたら、ブログでご紹介したいと思っています。


季節柄、体調を崩しやすい時期です。
皆さんどうぞお大事になさって下さい。
posted by luck at 18:39 | 日記

2009年09月14日

踵の痛みとキネシオテープ

当院の患者さんの男女の比率は開業以来あまり変わっていません。
7:3くらいの割合で圧倒的に女性が多い。
ところがその割合がここ3ヶ月程、変わっています。
理由は分かりませんが新患は男性が多くなっています。
何故だろう?いつもと違う現象なので不思議に思います。

その中の一人KMさん(30代)は10年ほど前から腰痛で苦しんでいます。
今回はぎっくり腰の症状も重っての来院。
2回目には検査が早くもすべてマイナスになり、3回目来院時には
80%痛み軽減。とても早い改善です。
腰の痛みは軽減したのですが、残念な事に2,3日前左踵を痛めてしまいました。
ひらめきそこでキネシオテーピングの出番。
踵の痛みにキネシオーテープはとても強い味方。
次回には踵の痛みも大分改善されているでしょう。

かわいい男性の施術は、やはり女性より力を使いますね。
    私の上腕二頭筋は益々立派になってきました。わーい(嬉しい顔)
posted by luck at 14:39 | 日記

2009年09月08日

小さな自慢

q 003.jpgキネシオ認定 002.jpg





今日は自慢話をさせてください。

上記の左側は見てのとおり障子です。
やっとボロボロ障子を張り替えました。
我ながら自慢できる出来に仕上がったと思います。
たるみもよれもなくプロ並み?かな?
とは言っても今の障子紙は楽ですよ。
昔は糊をつけたり、霧吹きをしたり上手に貼るのは大変でしたが、今は糊でもアイロンでも貼れるようになっています。
たるんだ時は霧吹きしますが、今回は霧吹きなしでばっちりでした。
障子がある部屋は良いですね。落ち着きます。
いつまでこのきれいな状態かわかりません。なにしろ家にはイタズラ猫「ラック」がいますから。
穴があくのは時間の問題でしょう。

もう一つの自慢話は上記右の写真。
『キネシオテーピング認定トレーナー資格証書』をいただきました。試験を合格しなければ資格証書はいただけません。
まだまだこの上の資格があります。マイペースでこの上を目指すつもりです。

わーい(嬉しい顔)今日は本当に小さな小さな自慢話をさせていただきました。

posted by luck at 15:44 | 日記

2009年09月02日

本当の仕事

2週間に1回のペースでメンテナンスに来院されるYMさん。

今まで色々な治療院を経験しています。
それまで通った治療院の話しで、今日は色々と盛り上がってしまいました。

腕はとても良かったが、やたらと高額なサプリメントやマット、枕等を売り込むカイロプラクティック院。
あやしい施術をする整体院。
いやらしい?感じの先生。(その先生も腕は良かったそうです。)
女性はそう言うことは敏感に感じとります。

私の治療院にもサプリメント等色々な売り込みがありますが、その様な物を患者さんに売る事など考えた事もありませんし、そんな治療院にもなりたくもありません。

方向性は人それぞれでしょうが、何かが違うと思っています。
一つ売るだけでと3人分の施術料金に近い金額が入ってくる商品もあるといいます。
本当にその商品に惚れ込んでいるから売るのでしょうか?
自分でも使い続けているのでしょうか?

本当の仕事は何?と疑いたくなります。


首、肩、腰、膝痛。YMさんが当院に来院された時の症状です。
痛みを軽減したい思いであちこちの治療院に行かれた気持ちがよく分かります。
「先生ごめんねぇ。あちこち悪くて情けなくなっちゃうよ。」
時々そんな事言ってたYMさん。
現在の彼女は時々の痛みはあるものの、とても元気になりました。
週2回ほどジムにも通っています。嬉しいですね。

本当の仕事を精一杯やっていくのが私にとっては、一番大事な事だとつくづく感じた一日でした。
posted by luck at 19:18 | 日記

2009年08月24日

ゆずり葉

yuzuri.jpg
ゆずり葉の樹

ゆずり葉と言う樹を知ってますか?
一年中、青々とした葉をつけて結構あちこちで見られる常緑樹です。
若葉が伸びてから古い葉が散るので、漢字で書くと譲り葉。老人から若人へ譲り受け、バトンタッチ。

昨日『ゆずり葉』と言う映画を見てきました。
この映画は全日本ろうあ連盟創立60周年を記念して製作された映画です。
監督、脚本は早瀬憲太郎さん。彼は聴覚障害者です。
SPEEDの今井絵理子さんも出演していると言ったら、「あー、聞いた事ある・・」という人もいるかもしれませんね。
ちなみに彼女は主演(聴覚障害者)の奥さん役で出演しています。

映画の出来はどうなのか・・・「どうか満足できる映画でありますように。」そんな期待を持って出かけました。
感想は・・・
細かい説明はしません。
「皆さんぜひ、ぜひ見てください!見て欲しい!」この一言で分かりますよね。
他の方にお勧めできる映画を製作した監督をはじめスタッフ、関係者の皆様に脱帽。

下記に映画「ゆずり葉」のホームページアドレスを記載しますのでぜひご覧になって下さい。

ダイジェスト、全国の上映場所、日時等も載っています。
今後、佐倉市・船橋市・八千代市・鎌ヶ谷市・松戸市でも上映するのでぜひ見てください。

http://www.jfd.or.jp/movie/



posted by luck at 15:38 | 日記

2009年08月17日

夏休み明け

夏休み明けの新患さん第一号は重症のぎっくり腰の患者さん。(Yさん・30代男性)

腰も、くの字に曲がり脚を引きずりながらの来院。
痛めてから1週間以上たっています。もう少し早く来てほしかった・・
3回ほどぎっくり腰の経験があり、今までは2,3日で自然と治ったようですが今回は重症です。
整形外科にも行きましたが、痛みは変わらず。
布団に寝ると起き上がるのが辛いため、ここしばらくはリクライニングの椅子で寝ているとの事。

施術ベッドでの寝返りも辛そうです。ゆっくりと体位を変えながらの施術。
今日は動かすのも困難なため、最小限のぎっくり腰のテクニックを使っての施術になりました。

最後の足踏みをして終了。膝も高く上がり足踏みによっての痛みはなさそうです。

説明後、施術のローテーションの大切さを分かってくれたのでしょう。、痛みがなくなっても根本を治すため、今後もローテーションを考えながら通っていただく事になりました。

遠い所からの来院。当院を選んでくださって感謝します。
ふらふら「ぎっくり腰ってこんなにも辛いんですね。」Yさんの一言。経験者の私。「わかります、わかります。」

これをキッカケに根本原因を見極め、しっかりと施術させていただきます。
そして、ぎっくり腰とはさよならしましょう。







posted by luck at 17:16 | 日記

2009年08月12日

夏季休暇

百日紅 004.jpg
*9月末位まで楽しませてくれる百日紅(サルスベリ)の花


今年はこのまま秋が来てしまうような予感が。
本当におかしな夏ですね。
梅雨明け宣言のない東北地方、竜巻、台風、そして地震。
異常な大雨で沢山の犠牲者も・・・

日照不足で色々な作物もこれからが心配です。
やはり、夏は夏らしく冬は冬らしくが一番です。
温暖化によって日本らしい四季もこれから少しずつ変わってしまうのでしょうか。

そんな夏らしくない中、8/13(木)〜8/16(日)夏季休暇をいただきます。
8/17(月)より通常通り営業いたしますので、よろしくお願いいたします。

この時期はお盆とも重なるためお休みの方が多いと思います。
帰省する方もお気をつけてお帰りください。
どうぞ皆さんくれぐれも体調に気をつけてお過ごしください。

晴れ楽しい夏休みを!!

かわいい豆知識:百日紅は長い期間次から次へと花を咲かせます。漢字名の由来はそこからきているそうです。
猿もすべりそうなツルツルな幹をしています。








posted by luck at 16:10 | 日記

2009年08月05日

最近思う事

7月末から8月初めに続けて癌と闘っている二人の患者さんが来院された。

Oさん(30代男性)は2年半ほど前に上咽頭癌を発症。
放射線治療、抗がん剤治療を終え、現在は様々な後遺症に苦しみながらも頑張っている。
右首筋、右肩から上腕にかけて痺れと痛みのため来院。
痛みのため正確なカテゴリー検査が出来ない状態だ。
五十肩診断検査などしたが、どうも五十肩、頸肩腕症候群とも違う。医者ではないので断言は出来ないが、やはりがん治療の後遺症だと感じる。
2回目来院された時は肩の痛みに違いを感じたそうだ。
なんとか検査ができほっとした。
「キネシオテープが良かった。」と言ってくださった。
やはりOさんの腕の痛みはリンパの働きに関係あるのかもしれない。キネシオテープはリンパの働きを助けるからだ。

Nさん(50代男性)は2003年に悪性リンパ腫を発症し現在3回目の再発。八月半ばに治療のため入院が決まっている。
左肩、上腕の激しい痛みのため夜も眠れない状態。
仰向けでベッドに腕を置けないぐらいのひどい痛みがある。
施術中は左肩、腕に枕をいれ施術した。
重症の五十肩の症状がある。
入院まで後10日ほどしかない。
なんとか、少しでも痛みを軽減してあげたい。

癌と闘う二人。
失礼な表現かもしれないが、話しをさせていただいて私は本当に勉強になった。
現実に死をも覚悟された二人。
書物の言葉ではなく、修羅場を体験した本物の言葉。

Oさんは癌と宣告されたとき初めてのお子さんが生まれた。
それを聞いて胸が痛んでしまった。
今も様々な後遺症で辛い毎日だと思うが、言葉一つ一つに人生を達観したお坊さんのような雰囲気がある。
「人生観変わりました?」
「変わりましたね。無神論者だったけど神様の存在を信じるようになりました。」
「そうですか。なにかに入信したんですか?」
「いいえ。私の場合は神に助けをこうとか、たよるとかそういう感じではなく、自分自身を高めたいという思いです。この広い宇宙のなかで自分は生かされていると感じました。」自分で仏教の事など色々勉強されているそうです。
病気の話など書物ではない生きたうそのない言葉で私は素直な心になりました。

今現在、私の親友も癌と闘っています。辛い副作用と闘っています。彼女ともだぶってしまいます。
死生観などと大げさなものではありませんが、この二人の患者さんに接したことで、色々考えるキッカケになりました。

私にできること。
痛みの軽減ため精一杯の施術。
Nさんの三度目の再発の治療がうまくいくこと。
Oさんの後遺症が少しでもなくなり再発をしない事。
それらを心から祈る事。













posted by luck at 16:31 | 日記

2009年07月29日

最近はまっている物

たまご 002.jpgたまご 001.jpg




玉子って優秀な食材だと思いませんか。
値段も安く安定しているし、栄養価も抜群だし。

ゆで卵・オムレツ・出し巻き玉子・かに玉・親子丼・カルボナーラ等々。料理のレシピも豊富です。

玉子料理はなんでも大好きな私ですが、どうしてもだめなのは、玉子かけご飯。つまり生卵が苦手です。
特に白身部分。(鼻水に似ていませんか?)変なこと言ってごめんなさい。

ところがそんな私が最近は玉子かけご飯にはまっています。

開業当時からの患者さんのKさんから、たまたま頂いた玉子。
この玉子がなんとも美味しいexclamation
スーパーのパックの玉子ばかり食べていた私は、玉子によってこんなにも味の違いがある事に驚きました。

『紅孔雀』その玉子の名前です。
(有)押木養卵場 船橋市二和西5−8−5で売っています。鶏卵(生食用)としっかり書いてあるので自信のある証拠でしょうね。
玉子かけご飯の苦手な私でも本当に美味しくいただけます。

ぜひお近くの方、この玉子食べてみてください。
玉子かけご飯ってこんなに美味しかった?て思うでしょう。
ほめ過ぎかな・・けっして押木養卵場の回し者ではありませんわーい(嬉しい顔)

Kさん、いつも玉子のお使いありがとう。

豆知識:生卵を食べる習慣は日本だけのようです。生卵を食べると言ったら他国の人は驚きます。









posted by luck at 14:36 | 日記

2009年07月21日

更年期障害・その後

4月半ばから来院されているNYさんのその後の症状を報告したいと思います。

その時ブログに紹介した内容は「男性更年期障害では?」と感じた事を書きましたね。

とても良くなりました!!
最近は睡眠も問題なくとれるようになり、腰に関しても80パーセントの改善。現在は痛みではなく本人は「その部位が時々暑くなる」と言う言葉で表現しています。

身体の状態が良くなる事はもちろんですが、私が一番嬉しかったのは、別人のように元気になった事。明るい表情がもどってきました。
表情が乏しかったNYさんでしたが、今は冗談も言えば笑顔もたくさん見られるようになりました。
もともとおしゃれな方だったのでしょう。若い人に負けない格好で
それがとてもお似合いです。
施術を始める際には、毎回、体中から搾り出すような声で大きなため息をつきます。
「あー!身体中の緊張感がなくなる気がする。」といつも同じ言葉をつぶやきます。
ため息にも悪いため息、良いため息があります。
NYさんの大きなため息は良いため息。
施術回数を重ねるごとに、あの異常なほど緊張した筋肉や関節の硬さもなくなってきました。
先日は1週間、生まれ故郷の愛媛県に帰れるくらい元気になって、こんな嬉しいことはありません。


今日で16回の施術が終わったところです。
NYさんに関しては私はまったくローテーションは考えてきませんでした。
本人が決めるのが良い方向に行くと感じたからです。
卒業も近いとは思いますが、それもNYさんの気持ちに任せるつもりです。





posted by luck at 14:54 | 日記