2017年04月12日

やっぱり大きな影響を与えます。

子供の頃の親との関係が人の人生に大きな影響を与える事は考えてもよくわかります。
また、親から与えられた子供の頃のトラウマが大人になってから心身の健康にも影響を与える事も分かっています。

親との関係に悩んでいる40代の女性の方が、偶然に続けて二人来院されました。
腰痛のほか、さまざまな症状がありとても苦しんでいます。

その二人の患者さんの話を聞いてみると、子どもの頃からの親との関係が不思議ととても似ています。
今現在も、親とはコミュニュケーションがうまくとれていません。

そう言う私も、りっぱな事は言えませんが。
振り返ってみると、たくさん傷つけた事もあった気がしています。
こんな母親ですが、子どもとの関係はとても良好だと思います。
相手は???わざわざ聞いたことないのでわかりません。(笑)
ただ言える事は本気でぶつかり合って、本音でコミュニュケーションをたくさん取った事は良かったと思っています。

来院された二人に共通していると思われることは、大人になるまで親に対して、本音を言えづ、反抗らしい反抗をしてこなかったこと事。
今も親に対して辛いトラウマを抱えている事。

今現在、子どもとの関係がうまく行っていないことは、親も分かっているはずなのですが、自分たちに原因がある事など気づいてはいないのです。
寂しいですね。

小さい頃から、そんなトラウマを抱えていたら、ストレス等で心身に良い影響があるはずがありません。
少しでも早くそんな気持ちから解放されることを祈るような気持ちでいます。

下記に子供の頃の「トラウマチェック」を記載しました。
少なからず、誰でもあてはまる項目があると思います。
親も人間です。完璧な人はいません、
でも親からの愛情を心から感じていれば問題はありません。
おおよそ10箇所以上、あてはまる方は子供の頃のトラウマによって、現在の心身の不具合に影響しているかもしれません。



*過去にいじめ・無視・嫌がらせを受けたことがある
*子供の頃ショックなことや怖い経験をしたことがある
*親が共働きなどで一人の時間が多かった
*親戚・違うところに預けられて親と住めなかった時があった
*親が出て行った・離婚した・亡くなった などの離別を経験した
*親が厳しく、威圧的で押さえつけられるような空気を感じていた
*親の思うように褒められたい認められたいと努力してきた
*親の機嫌を損ねないか、といつもビクビクして顔色を伺っていた
*両親がよくケンカ(言い争い・一方的に怒る・否定)をしていた
*親や親戚から夫婦間・大人間の悪口を聞かされた、大人の聞き役をさせられた
*素直な子供らしい子供時代はほとんど送ってきていないと思う
*妹弟と比べられて素直になれなかったり自信をなくしていたときがある
*妹弟ができて必要とされていない疎外感を感じた
*ありのままの自分では愛してもらえないと思っていた
*親が教育熱心。過干渉で一方的に期待されていた
*どちらの親からも面倒を見てもらえていなかった
*いつも怒っているか無口であまり接してくれなかった
*精神的な暴力・言葉で自己否定されるようなことを言われていた
*親から暴力や悪質な体罰を受けていた
*友達や好意を持った人・信じていた人に裏切られたことがある
*男性に対して、恐怖や嫌悪感を感じたことがある
*異性に触られたり、覗かれたり(なんとなく〜→明らかに)性的虐待を受けたことがある
*お風呂など父親から女性として扱われた見られたことがある
*特定の物や状況・場所、人に恐怖感や不安感を感じていた



白井・鎌ケ谷・船橋近郊エリアの地域情報サイトかまっぷ・http://www.kamap.jp
posted by luck at 15:52