2017年06月28日

アルコール摂取後の施術はできません。

CIMG2019.JPG



Hさんの施術中、飛び込みのお客様が。

「肩こりがひどく・・・。やっていただけますか?」
「10分ほどお待ちいただければ、すぐ施術できますよ。」

「ビールを飲んでいるんですけど大丈夫ですよね。」

「アルコールを飲んでいない時にまた来院していただけますか。」
とても辛そうで申し訳なかったのですがお断りしました。
理由をきちんと説明させていただき納得されて帰られました。

お酒臭いのは嫌だからお断りした?
いえ違います。
泥酔状態でなくとも。アルコール摂取後の施術はお断りしています。
施術中は血流が良くなってくるため、急速にアルコールの吸収が早い状態になります。
またアルコールによって、感覚がにぶくなり施術事故にもつながることも考えられます。
自律神経を安定させるための施術の効果がおち、施術をした意味がなくなってしまいます。

来院していただいた患者さんには少しでも良くなってほしい、そんな気持ちです。

そう言う理由でお断りさせていただきました。

また、いつでもご予約ください。
お待ちしています。


白井・鎌ケ谷・船橋近郊エリアの地域情報サイトかまっぷhttp://www.kamap.jp



posted by luck at 17:10

2017年06月24日

その後のおばあちゃん

CIMG2044.JPG
CIMG2040.JPG



ご近所のおばあちゃん。
転んで手首を痛め当院にいらした事は先日のブログに書きました。

やはり、ひびが入ってたそうです。
お医者様の話だと、そこまで酷くはないとの事。
でも利き手がしばらく使えないのは不自由なことでしょう。
でも複雑骨折でなくて良かった〜。

転び方によっては大腿骨骨折と言う事もあったわけです。
高齢者の方は骨がもろくなって、骨折しやすいので本当に気をつけなければなりません。
大腿骨骨折で長期間、歩けず、寝たきりになってしまった方もいます。

手首とは言っても、やはり高齢者の方にとっては外出もおっくうになりますね。
良く見かけたおばあちゃんの姿も最近見かけていません。
少し心配だなぁ。

月曜日にでも声かけてみようと思います。

白井・鎌ケ谷・船橋近郊エリアの地域情報サイトかまっぷhttp://www.kamap.jp


posted by luck at 15:37

2017年06月14日

突然の訪問者

CIMG2039.JPG







Kさんの施術中、「転んでしまって痛くて・・」とおばあちゃんの突然の来院。
お話はしたことはありませんが、よく見かける近所のおばあちゃん。

Kさんの施術を中断し、痛みのある右手首を触診観察。
「あーっ、多分ひびが入って骨折しているかもしれませんね」
 転んで10分くらいですが、腫れもあり内出血もみられます。

おばあちゃんは接骨院と整体院は同じものだと思っている様子。
「おばあちゃん、うちでは治療できないんです。法律違反になってしまうので。すぐに整形外科に行ったほうが良いですよ」
「誰もいなくて・・・」

そんな訳でタクシーを呼んで、近くの整形に行ってもらうように、キネシオテープで応急処置をし、しばらく当院で一休み。

タクシーの運転手さんに事情を話し、近くの整形外科に。

今の時代、核家族化が進み、こんな時もお年寄りは大変です。
お役にたてて良かった。

どうか手術の必要な重症な骨折ではありませんように・・・。

Kさん、施術途中で待たせてしまってすみませんでした。

Kさんの睡眠障害も少しづつ良くなっている手ごたえがあり嬉しいかぎり。

早くおばあちゃんの様子が知りたいです。


白井・鎌ケ谷・船橋近郊エリアの地域情報サイトかまっぷ・http://www.kamap.jp



posted by luck at 16:01

2017年06月06日

本気で改善したいなら。

ひどい肩こりに悩まされているUさん(船橋市在住40代女性)。
定期的に来院されています。

パソコン業務の為、一日中同じ姿勢。
運動習慣がない。
お風呂は一年中シャワーのみ。
完璧主義でストレスを感じやすい性格。(本人の弁)
目が疲れる。

肩こりになりやすいすべてのパターンをお持ちですね。

マッサージや整体や整骨院に通うのも良いですが、私はいつも患者さんにお話します。
「どんな良い治療やマッサージを受けても今の生活習慣を少しでも変えない限り、肩こりは治りませんよ。
良い方向にいっても、肩こりの原因の生活習慣を直さなければ、また元に戻ってしまいます。」

Hさんにも初診時からそんな話をさせていただきました。
本気で改善したいなら、自分の努力も大事です。

縁あって当院に来てくださった皆さん、少しでも良くなってつらい症状を軽減させたい、してほしい、そんな気持ちで患者さんと日々向き合っています。

どうぞ、原因となっているであろう生活習慣をあらため、ともに頑張って改善させていきましょう。

肩こりに予防法

1.長時間同じ姿勢を続けない
2.からだを冷やさないようにする
3.こまめに運動をする
4.ストレスを溜め込まない
5.寝具に注意する
*運動不足は対敵。肩、肩甲骨まわりは日々動かして、動かしてexclamation

Hさんの肩こりはご自分の頑張りもあってだいぶ改善しました。嬉しいですねわーい(嬉しい顔)


白井・鎌ケ谷・船橋近郊エリアの地域情報サイトかまっぷ・http://www.kamap.jp

posted by luck at 15:32